FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.Gray-man(ディーグレイマン)

ディーグレ_convert_20100313210006
作 星野桂(集英社)
概要
『週刊少年ジャンプ』にて2004年27号から2009年22・23合併号まで連載され(186夜まで)、『赤マルジャンプ』(同)2009SUMMERの掲載を経て、『ジャンプスクエア』2009年12月号より連載再開(188夜から)。累計発行部数は1800万部突破[1]。なお、『週刊少年ジャンプ』連載後期は作者の一身上の都合により、度々連載と休載を繰り返していた。仮想19世紀末のヨーロッパを舞台としている。
あらすじ
「機械」「魂」「悲劇」を材料に造り出される悲しき悪性兵器「AKUMA(アクマ)」。AKUMAの製造者で世界終焉への計画を進める「千年伯爵」。そして、唯一AKUMAを破壊できる神の結晶「イノセンス」に選ばれた存在である、「エクソシスト」達。主人公・「アレン・ウォーカー」もその一人であった。
アレンは世界とAKUMAに縛られた魂を救うべく、仲間と共に長く険しい戦いに身を投じていく……。
エクソシスト
AKUMA退治を専門とする黒の聖職者(クラーヂマン)。アレン入団時は19人が所属していた(作中で死亡や新規入団による変動が激しく、最大でイノセンスの数だけ一度に存在する為、今後どのようになるのかはいまだ不明である)。全員黒の団服(コート)を着用している。胸にはエクソシストの証であるローズクロスがある。「エクソシスト」とはあくまで黒の教団に所属する事によって呼ばれる名称である。
通常は適合者不明のイノセンスを持つ元帥によって発見されるが、ごくたまに既にイノセンスを所有している適合者も居る(主にアレンのような、寄生型の適合者)。戦力確保やハートの保護などの事情で適合者は発見しだい教団本部へと出向する事になり(過去には拉致に近い状態で、強制的に連れて行かれた場合もある)、改めて適合者と認定された時初めて名乗る事が許される。
イノセンス
「神の結晶」と呼ばれる不思議な力を帯びた(箱の中に眠っていた物)、謎の多い物質。「原石」と呼ばれる結晶の周りに2つの金色の歯車状の物が交差した形状の状態で発見されることが多いが、人間の手によってあるいは自身で様々な物体に変化しているものも存在する。総数は109個だが、伯爵やノアの一族の手で既に相当数が破壊されており、残存する数は不明。ノアの一族とは対極の存在。第3巻冒頭時点で回収されたイノセンスは全部で41個。また、ティキ曰く「この世の物質じゃない」らしく、そのために彼の能力でもイノセンスだけは例外だという。
ある一定の距離に適合者がいれば飛んでいく事もできるが、それ以外は元帥達など、適合者以外の手によって適合者が居る辺りまで運ばれる必要がある。AKUMAやノアに対する敵意を宿していて、伯爵談:「自分達を殺すためなら何でもやる悪魔」。ヘブラスカによると適合者の強い想いに反応してイノセンスが進化してきているらしい。

なんといっても世界観が素晴らしい!
イノセンスや対アクマ武器、黒の教団と呼ばれる主人公の本拠地。そのままゲーム化できそうな作り込まれた設定はついつい何時間も読みふけってしまう中毒性を持っている。

マンガあらすじTOP
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

キイチ

Author:キイチ
あらすじ.comの管理人キイチ。新作マンガ随時更新中。取り上げてほしいアニメ、マンガがあればメールフォームからお気軽にお問い合わせください^^
現在相互リンク募集中です!
下記メールフォームからお気軽に問い合わせください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新マンガはアマゾンで(送料無料)
大幅プライスダウン中!
検索フォーム
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
23084位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
4596位
アクセスランキングを見る>>
スポンサーさん
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。