FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らき☆すた

らきすた_convert_20100323044712
作 美水かがみ(角川書店)
概要
美水かがみによる日本の4コマ漫画作品、及びそれを原作としたゲーム・アニメ作品。角川書店の月刊ゲーム雑誌『コンプティーク』において2004年1 月号より連載されている。また『コンプエース』他数誌で掲載されている。
あらすじ
小柄でアニメやゲームが大好きなオタクな女子高生(現在は大学生)泉こなたとその友人でゆったりした性格の柊つかさ、つかさの双子の姉でしっかり者でツッコミ役の柊かがみ、容姿端麗で博識ながら天然な所がある高良みゆきの4人を中心として、その周囲の人々も含めたまったりとした普段の生活を描いている。
タイトルは“Lucky Star(ラッキー スター)”が原義であり単行本表紙のロゴにもそうデザインされている。作者の美水によれば「女の子が学園生活を送る漫画のタイトル」としてイメージした結果、女優が演じるという意味合いの「スター」と「幸運」や「気まぐれ」という意味を持つ「ラッキー」をあわせたとしている。
そもそもは連載を予定していた作品ではなく『コンプティーク』誌で急に生じた空きページを埋めるための掲載だったが人気を博したため連載される運びとなり、その後『月刊少年エース』や『月刊コンプエース』など、掲載誌も増えていった。
2005 年8月24日にドラマCDが発売された。さらに2005年12 月1日にはニンテンドーDSで『らき☆すた 萌えドリル』が、2007年5 月24日には同じくニンテンドーDSで続編の『真・らき☆すた萌えドリル ~旅立ち~』が発売された。そして、2007年4月から9月にかけてテレビアニメが放送され、それに連動する形で2007年1月からラジオ番組『らっきー☆ちゃんねる』も放送が開始。また『真・らき☆すた』の予約特典であった恋愛アドベンチャー「らき☆すら -Lucky☆Star RAvish Romance-」が2008年1 月24日にプレイステーション2用アドベンチャーゲーム『らき☆すた ~陵桜学園 桜藤祭~』というタイトルに変えて発売された。2008年夏にはOVAとアニメ版キャストによるドラマCDが発売、2009年12月にはプレイステーション・ポータブルで『らき☆すた ネットアイドル・マイスター』が発売予定となっている。
またサイドストーリーとして、登場人物の一人で情報ページ『らっきー☆ちゃんねる』のキャプテン・小神あきらを主人公にした『あきらの王国』が『コンプエース』(Vol.014(2007年6月号増刊)~)で、『萌えドリル』シリーズのオリジナルキャラクター、宮河ひなた・ひかげ姉妹を主人公にした『宮河家の空腹』が『コンプH's』(Vol.7~Vol.9、休刊)を経て『コンプエース』(2009年6月号~)でそれぞれ連載されている。
主な登場人物4名は漫画連載開始時は高校1年生であり、当初は実際の年度が進むに従ってリアルタイムに進級[2]していた。その後アニメ化などに伴い、編集部の方針によって、高校3年生の2学期以降は時間の流れが実質的に停止[3]、アニメの方の展開が一段落した2008年に入ってからまた流れが進むようになり、第6巻のepisode 169-171で卒業し、第7巻で進学・進級している。なお、アニメでは第13話までは2年生、第14話からは3年生である。
実在する舞台
アニメ版の舞台は埼玉県春日部市をモデルにしている。
陵桜学園高等部(りょうおうがくえんこうとうぶ)
こなた達が通う学校。埼玉県内にあるという設定。こなた達の学年で13クラスもあるマンモス校。制服は男子が詰襟で、女子が夏服は青色系で冬服は赤色系のセーラー服。プールはあるが、体育の授業になぜか水泳は入っていない。
アニメ版では作者の出身校(春日部共栄高等学校)がモデルとなっている(エンディングクレジットの「スペシャルサンクス」で表記)。
鷹宮神社
柊姉妹の父が宮司を務める神社で、柊家はこの境内に居住する。家の電話機は古い黒電話で電電公社の600形電話機である。
アニメ版でのモデルは埼玉県久喜市(旧北葛飾郡鷲宮町)にある鷲宮神社。こちらの最寄り駅は東武鉄道伊勢崎線鷲宮駅下車5分程度。
泉家の近所
埼玉県幸手市と思われる。『陵桜学園入学案内書』の「らき☆すた関連マップ」でも東武鉄道日光線幸手駅が「泉家の最寄り駅」として記載されており、アニメ版では幸手市内や権現堂堤がモチーフとして用いられている。幸手市は作者の出身地であり、作者の旧居が2009年春に泉家を再現する形でギャラリー兼交流施設として開館している。

脱力萌え~
もとは4コマ漫画でとくにオチというオチがなく、オチがあったとしても同時に萌えも実現した『あずまんが大王』に代表される脱力系萌え作品。笑いではなく癒しをあたえてくれる名作品である。
マンガあらすじTOP
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

キイチ

Author:キイチ
あらすじ.comの管理人キイチ。新作マンガ随時更新中。取り上げてほしいアニメ、マンガがあればメールフォームからお気軽にお問い合わせください^^
現在相互リンク募集中です!
下記メールフォームからお気軽に問い合わせください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新マンガはアマゾンで(送料無料)
大幅プライスダウン中!
検索フォーム
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
24528位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
4872位
アクセスランキングを見る>>
スポンサーさん
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。